50代の看護師に人気の仕事内容は?

50代の看護師転職TOP >> FAQ >> 50代の看護師に人気の仕事内容は?

50代の看護師に人気の仕事内容は?

50代の看護師に人気の仕事内容に関しては2つの見方があります。ひとつはやりがいを感じられる仕事、もうひとつはゆとりのある環境で従事できる仕事です。0代ともなると体力の衰えもあり、40代までのようにバリバリと働き続けることが難しくなります。ですから自分の知識とスキルを活かせる充実した環境よりも心身に負担がかからない環境への憧れが強くなっていきます。この点は収入面でも同様で、専門的なスキルと豊富なキャリアが求められるけれども負担も大きい高収入の職場よりも、収入は低くても無理なく働き続けられる職場の方が歓迎される傾向が見られるようになっていきます。

こうした事情から50代の看護師に人気の仕事内容はいかに体に負担がかからないか、そして夜勤がないかどうかが大きな判断材料となっていきます。まず第一に挙げられるのが総合病院の外来対応。入院患者を相手に看護を病棟勤務の場合どうしても夜勤や休日出勤が伴うため、日勤のみ、しかも日曜日を休める外来勤務の方が人気が高くなるのです。この外来勤務のポイントは総合病院・大学病院でも就職・転職のチャンスがあること、ですから転職ではなく異動で外来勤務を希望する50代の看護師も少なくありません。

同じく夜勤が少なく、体力的な負担が少ない職場として注目されているのが透析です。透析専門のクリニックや総合病院が運営する専門の施設も増えており、そこで勤務する看護師の需要も増えています。こうした施設では夜勤ははありませんし、体力が求められるような業務もありません。この部門では回復の見込みがない患者さんを相手にすることもあり、雰囲気が暗い、扱いが難しい患者さんが多いといったイメージも強く、精神的に厳しい職場とも言われますが、キャリアを重ねた50代の看護師ならその辺りはクリアできるでしょう。透析業務の際にはやや専門的なスキルが求められますが、看護師のキャリアを積んできた方ならすぐに身につれることができる範囲のものです。

近年になって人気が高まっているのが介護・福祉関連の施設での勤務です。これらの職場では精神的な負担が少ないのが大きな魅力で、日々の業務はバイタルチェックをはじめとした健康管理がメイン、医療行為に携われる機会はごくわずかです。入所型の施設では夜勤もありますが頻度は少ないですし、入所者への対応は原則として介護スタッフが行うので負担もそれほどではありません。

こうした50代に人気の仕事内容が自分に向いているかどうかは仕事への意欲や体力などひとりひとりの環境によって異なるでしょう。ただこうした職場で50代の看護師が多く活躍している点は知っておいて損はないはずです。

50代の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 50代看護師求人ガイド【※まだまだ働きたいアナタへ!】 All Rights Reserved.