50代の看護師でよくある悩みは?

50代の看護師転職TOP >> FAQ >> 50代の看護師でよくある悩みは?

50代の看護師でよくある悩みは?

50代の看護師ともなると現場でかなりのキャリアを積んでおり、20代、30代に比べて仕事に対する悩みは少なくなるイメージがあります。同じ職場に長く勤めている場合なら人間関係や就業環境に悩むことは少ないでしょう。ただ、この年代の看護師ならではの悩みも多くあり、それが離職・退職の理由になることも少なくありません。

最大の悩みは体力の衰え。おもな退職理由にもなっていますが、50代に入ると急激に体力の衰えが仕事に影響を及ぼすケースが増えてきます。夜勤や残業、不規則なシフトといった就業環境がもたらす負担が心身に蓄積されるようになり、体が思うように動かなくなったり、集中力が低下するといった深刻な問題を引き起こすこともあります。長く働き続けた職場で慣れている仕事に対してもこれまでのように対応できなくなってしまうことも少なくありません。そうした状況にどう対処すればよいのか、どのような解決方法があるのか、自己管理の方法なども含めて悩みを抱えてしまうことが少なくありません。また、女性の場合は更年期に差し掛かる時期でもあり、心身に生じる更年期障害の症状が仕事にもたらす影響に悩むこともあります。

プライベートと仕事とのバランスに悩む機会が多くなるのも50代です。30代後半くらいまでに職場に定着し看護師としてのキャリアを確立できた場合、その後はプライベートと仕事のバランスに悩む機会が少なくなるのですが、それが50代になると再び浮上する機会が増えてきます。先ほど挙げた体力の衰えによって家事との両立が難しくなったり、家で自己管理をどのように行うのかといった悩みもありますし、家族との関わりが変化し、それにどう対応するかの悩みもあります。子供が独り立ちするなど子育てがひと段落する時期ですし、夫が定年退職して一緒に過ごす機会が増えたり、食事などの世話が必要になる時期でもあります。こうした中で仕事と家庭をどう両立させていくのか、改めて問われつつ悩んでしまうことが多くなるのです。

職場環境に関する悩みも出てきます。まず新しい知識や技術についていくのが難しくなること。がん治療を中心に医療の進歩が目覚しく進み、現場でも最新の治療や設備が続々と導入されています。50代になるとなかなかそうした新しい知識・スキルを身につけるのが難しくなり、対応できない不安を抱えるようになります。さらに若い世代とのコミュニケーションが難しくなるのも50代です。ジェネレーションギャップといえば簡単ですが、話題が合わないだけでなく、看護師の仕事に対する価値観といった基本的な部分でもかみ合わなくなり、どう接したらいいのかわからなくなってしまいがちになります。

50代の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 50代看護師求人ガイド【※まだまだ働きたいアナタへ!】 All Rights Reserved.