50代の看護師の年収相場は?

50代の看護師転職TOP >> FAQ >> 50代の看護師の年収相場は?

50代の看護師の年収相場は?

50代の看護師はどれぐらいの年収をもらっているのか、キャリアを重ねてきた方にとっては自分の年収が高いのか低いのか気になるものですし、転職を考える場合にはどれぐらいの年収で再就職のチャンスがあるかも大きな問題となります。

看護師の平均年収は約430万円程度といわれます。これはすべての年代を通した数字ですから、年齢別になるとまた違った数字が出てくるはずです。とくに看護師の仕事はキャリアを重ねていく過程で年収アップやキャリアアップを続けていく余地がありますし、60歳を過ぎてもさまざまな雇用形態で勤務を続けることも多いため、全体の平均だけでは実際の収入状況を把握するのが難しい面もあります。とくに50代は看護師のキャリアが最高のレベルにまで達した段階でもありますから、その年収相場は平均よりもかなり高いだろうと容易に予想できます。

実際の金額では500〜600万円くらいの範囲が50代の看護師の年収相場となっています。平均よりも高いのはもちろんですが、この数字を高いと感じる方と思っていたほどではないと感じる方で見解が分かれます。この点は50代の看護師ならではの事情をもう少し見ていくことでいろいろなところが見えてくるようになります。

まず50代の10年間はほとんど平均年収に変化が見られないこと。40代の場合は前半の5年間と後半の5年間で50万円くらいの差がつきます。この時期に大幅な年収アップが進むケースが多いのに対し、50代になるとほぼ横ばい状態になっていくのです。

ただこの点は必ずしも50代に入ると年収アップの余地がなくなることを意味しているわけではありません。この年齢になると体力的な問題や家庭環境の事情から非常勤や医療機関に比べて年収相場が低めの介護・福祉関連へ転職するケースが増えるのが横ばいになる大きな要因とも言われています。年収よりも就業環境や働きやすさを重視して職場をかえる人が増えてくるわけです。

この点は50代の看護師の間で年収に個人差が生じやすくなる状況ももたらします。同じ職場で働き続ける人と転職をした人の間で差ができるわけですが、加えてキャリアの違いによる差も出てきます。婦長や看護部長にまで昇進する方も出てきますし、一方では役職につかずに勤務し続けるケースも少なくありません。

このように、50代の看護師の年収相場は多様性があり、一概にこうだといえる環境ではありません。とりあえず医療機関でキャリアを重ねていけば500万円以上の年収は期待できる、あとは就業環境が50代の体力や生活環境に合っており、働き続けることができるかどうかが問題となってくるのでしょう。

50代の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 50代看護師求人ガイド【※まだまだ働きたいアナタへ!】 All Rights Reserved.