50代の看護師の求人はパートが多い?

50代の看護師転職TOP >> FAQ >> 50代の看護師の求人はパートが多い?

50代の看護師の求人はパートが多い?

50代の看護師が転職先を探すために求人情報をチェックするとパートでの募集が多いと感じることが多いようです。常勤雇用の求人の中でよさそうなものをチェックしてみると年齢制限に引っかかってしまう、あるいはネットで常勤の求人だけを検索しようとした年齢不問のところが見つからなかった、など。実際のところどの施設でも50代の看護師は常勤ではなくパートで雇う傾向が見られます。

それにはいくつかの理由が考えられます。年齢的に常勤看護師として雇用するのにためらいがあること。実際問題として常勤看護師を雇うならできるだけ若い世代の方がよいと考えるものです。これは若い世代の方が長く働いてくれるというのもありますし、退職金が発生する状況になったとき、年齢が高いほうが金額も高くしなければならないという面も理由となるでしょう。

また、総合病院や大学病院など規模の大きな病院では夜勤や残業、休日出勤が避けて通れませんが、こうした職場では常勤看護師の負担が大きくなります。50代の看護師の体力で厳しいシフトを担当することができるのか?どうしても雇う側はこの基本的な面で疑問を抱えてしまうことが多いのです。

一方、年齢不問で応募可能な求人が多い中小規模のクリニックの場合、そもそも常勤看護師を雇う機会が少ないのも大きな理由です。そもそも働いている看護師の大半がパート勤務となれば求人も非常勤がメインとなってしまいます。つまり、常勤の採用が多い職場では50代はあまり歓迎されず、50代が歓迎される職場では常勤の採用が少ないという難しい環境にあるわけです。

こうした事情から50代看護師が転職に踏み切る時にはあくまで正規雇用にこだわるか、あるいはパートも視野に入れるかの選択も重要になってきます。パートでもいいと割り切ることができればさまざまな分野から転職先を見つけることができるからです。総合病院・大学病院でも常勤看護師のシフトを埋める形でパート看護師を多く採用しており、50代の看護師も多く活躍しています。

あくまで正規雇用にこだわるなら医療機関以外の選択肢に目を向けましょう。介護・福祉関連施設でも看護師の需要が増えており、とくに年配の看護師の就職・転職先として注目されています。ここでもパート求人が多く見られますが、常勤看護師の募集では年齢不問で応募可能なケースが多いので有力な選択肢となるはずです。医療機関なら透析や療養型の病院などで比較的求人を見つけやすいでしょう。

50代の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 50代看護師求人ガイド【※まだまだ働きたいアナタへ!】 All Rights Reserved.