50代の看護師で夜勤なしの求人を探すには?

50代の看護師転職TOP >> FAQ >> 50代の看護師で夜勤なしの求人を探すには?

50代の看護師で夜勤なしの求人を探すには?

50代の看護師が転職を目指す際に重要なテーマとなるのが夜勤の有無です。夜勤はそれだけでも負担がかかりますし、夜勤と日勤が入り交ざるシフトだと日々の業務の中でその負担と消耗が積み重なっていきます。年齢が若い頃なら休みを取れば回復することも可能ですが、50代ともなるとなかなかそれがうまくできなくなってしまいます。50代で転職を希望している方のほとんどが夜勤なしの職場で働きたいと考えているはずです。

夜勤なしの求人を探すポイントは2つ、まず夜勤を担当しないで済む求人を探していくことです。看護師の人手不足が大きな問題となっていることから、日勤のみでの勤務が可能な求人も増えています。こうした職場なら夜勤なしで働くことができますし、幅広い施設からの求人が見つけられるのでこれまで積み重ねてきたキャリアを継続させられる環境での転職のチャンスにも恵まれます。夜勤なしの求人を探す場合にはまずこのポイントを重視して情報収集を行っていきましょう。

ただし、この方法にはいくつかの問題点もあります。まず50代を積極的に採用するところが少ない点。人手不足の都合から日勤のみでもOKという形にしている以上、求人元ではできるだけ長く働いてくれる看護師を求めています。それだけに定年が見えてきた50代よりも若い世代の方を優先するものです。とくに総合病院や大学病院など待遇やキャリア面でよい環境にある職場の日勤のみの求人には大きく応募が集まるため、50代の採用のチャンスが少なくなります。また、入院施設があるにも関わらず日勤のみの採用を行っている職場では日勤のみの看護師と夜勤を担当する看護師との間で人間関係のトラブルが発生する、といったケースも見られます。50代の転職は職場に溶け込むのがとくに難しい面があるので頭に入れておきたいところです。

もうひとつのポイントは夜勤そのものがない施設からの求人を探すことです。小規模なクリニックが典型的な選択肢となるでしょう。個人経営のクリニックの場合は夜勤がないだけでなく残業なし、日曜日は休みといった点でも恵まれています。若い看護師にとっては給料面やキャリアの面でマイナスになってしまうことが多いこうした職場も50代の看護師にとっては理想的な選択肢となるのです。注意点としてはこうした施設からの求人は情報収集が難しく、地元の新聞の折り込みチラシや施設に貼り出された求人の広告といった幅広い情報網を活用することが求められることです。

夜勤なしの求人を見つけるのはそれほど難しくありませんから、その中で自分に合ったものを見つけられるか、自分に合った求人を見つけるにはどうしたらいいかを重視して探していきましょう。

50代の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 50代看護師求人ガイド【※まだまだ働きたいアナタへ!】 All Rights Reserved.