50代の看護師に多い転職例は?

50代の看護師転職TOP >> FAQ >> 50代の看護師に多い転職例は?

50代の看護師に多い転職例は?

50代の看護師が転職するとなるとどういった選択肢があるのか、どんな職場が向いているのか、どうしても不安が付きまとうものです。キャリアには自信があっても将来性や新しい職場への適応力は自信が持てませんし、雇う側も年齢がネックになって採用を差し控えてしまうのではないか、との不安があります。

実際に50代で転職に成功した看護師の多くに共通しているのは前の職場と似た環境の職場へ転職していることです。やはり50代から新しい分野にチャレンジするのは難しいですし、採用されるためにはこれまでのキャリアを最大の武器にする必要がある以上、できるだけ共通点がある職場の方が転職しやすくなるのは当然といえます。転職先探しを行う際にはまず同じ診療科・部門からの募集を探すのが基本となるでしょう。

それから病院の規模と就業時間を変えて転職する例も多く見られます。50代の転職で多く見られるのが体力の衰えでこれまでの勤務環境に対応できなくなってしまった、というケース。そのためもっとシフトが緩やかな職場への転職を目指すわけです。総合病院から入院施設がないクリニックなど、前の職場のキャリアを活かしつつ、勤務環境が厳しくない職場を成功させたケースが多く見られます。おそらくこれが50代の転職例としてはもっとも理想的なパターンでしょう。

雇用環境や待遇を変えたという転職例も見られます。たとえば正規の常勤看護師から非正規のパート・アルバイトへと切り替えるケース。先述した体力の衰えから常勤看護師の環境ではシフトに耐えられないため、何かと都合がつけられる非常勤へと切り替えるわけです。収入の大幅なダウンを覚悟しなければなりませんが、50代までキャリアを積んできた看護師なら将来の不安をそれほど感じることなく仕事を続けることを最優先に考えてこうした決断に踏み切るケースも少なくないのです。また、これまで役職つきの待遇で働いていた職場から一般の看護師の待遇で働く環境へ転職するケースもあります。役職についてまわる責任や義務といったものが負担になってしまった場合によく見られる転職例です。

他には介護業界など近年になって需要が増加している分野へチャレンジするケースも見られます。こうした転職先では医療行為はほとんど行われないことが多く、病院勤務の業務の精神的なプレッシャーが負担になった場合にこうした分野へ転職するケースが見られるのです。

このように、50代の看護師の転職は採用の可能性と自分が仕事を続けられるかどうかのバランスをうまくとりながら適切な職場を見つけていくことが重要だということが見て取れます。

50代の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 50代看護師求人ガイド【※まだまだ働きたいアナタへ!】 All Rights Reserved.