50代の看護師でブランクが長いと採用されにくい?

50代の看護師転職TOP >> FAQ >> 50代の看護師でブランクが長いと採用されにくい?

50代の看護師でブランクが長いと採用されにくい?

50代の看護師でブランクが長いと採用されにくいのは事実です。転職の選択肢が限られてくるというわけではないものの、採用の際に他の応募者と競争になった場合にはどうしても不利になってしまいます。

とくに50代の看護師はブランクが長くなる傾向が見られます。20代、30代の場合は結婚や出産を機に離職していた状態から数年程度で復職を目指すケースが多く、だいたい3〜5年ほどが平均的なブランクとなっていますが、50代の場合は長らく家庭生活に入っていた状態から現場復帰を目指すなど10年を超えるブランクを抱えているケースも少なくありません。ブランクの期間が長くなればなるほど採用には不利になりますし、それに年齢のマイナス評価が加わるとなかなか採用のチャンスが少なくなってしまうのです。

そんな不利をどうやってはねかえせばよいのか?人手不足で年齢やキャリアを問わず採用している職場を狙えばよい、と考えてしまいがちですが50代ともなるとそう簡単にもいかなくなります。こうした人手不足の問題を抱えている職場はシフトが厳しく、夜勤や残業が多い環境で働かなければならないケースも少なくありません。こうした環境は年齢的・体力的に難しい面もあるので採用されやすいからといってすぐに飛びつくのは避けた方がよいでしょう。

簡単に言えば採用されやすく、定着しやすい職場を探していくことになるわけですが、その際にポイントとなるのが教育・研修制度です。それもブランク明けを対象にした復職支援が充実していること。長年のブランクからの復帰となるとその間に変化した看護師を巡る環境や看護技術などに適応するのにかなり苦労させられることもありますから、きちんとフォローしてくれる環境が不可欠です。この点は求人情報ではなく施設のホームページで教育環境について詳しく確認しておくとよいでしょう。また、同じくホームページでその施設で働く看護師の年齢層を確認し、50代でも居心地よく働くことができるかどうかを見ておくことも大事です。

それから介護施設。年配の看護師がたくさん活躍している職場です。この職場から看護師の需要が増加し始めてからまだそれほど時間が経っておらず、キャリアがあまり問われない環境にあります。しかも高度な医療行為に携われることもなく、バイタルチェックなどの健康管理がメインの仕事となります。ですからブランクからの復帰も比較的容易です。夜勤を担当することもありますが、医療機関の病棟勤務に比べると身体面・精神面ともに負担が少ない職場といえるでしょう。大半の施設ではブランク・未経験でも応募OKとなっているのもポイントです。

50代の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 50代看護師求人ガイド【※まだまだ働きたいアナタへ!】 All Rights Reserved.